--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-08-06

スペインに行きたくなる 『風の影』 カルロス・ルイス・サフォン

ひどくサボっていました。
モバイルPCも購入したので、これから心を入れ替えて頑張ります!(多分)

では、早速本題へ。

友人から借りました。本の帯に「サスペンス、ミステリー、ファンタジー、ラブストーリー…、全ての要素が詰め込まれた作品!」のようなことが書かれてあったので買ったらしい。

文庫の上下巻で、字も細かいので時間がかかるかなと思いきや、止まらないです。いや、むしろ、止まれない。けっこう最後の方にいくまで、ミステリーとしての全貌が明かされないストーリーですが、それまではファンタジーであったり、ラブストーリーであったり
とその他の要素がふんだんに盛り込まれていて、飽きなかったです。しかも、昨秋にスペインを旅行した身としては、自分が実際に見て行った場所がウヨウヨ出てくるとなれば、興奮しないではいられません! 「クワトロ・ガッツ」に行って連れと酔っ払って、千鳥足でバルセロナの街を歩いたなぁとか(バルセロナは本当は治安があまりよろしくないのにも関わらず…)、大聖堂の前にあるホテル・コロンには宿泊もした~!!と、読みながらこんなにテンションあがったのも久しぶりのことです。

ストーリーは…、と言ってしまうとネタバレになってしまう&簡潔にまとめることが難しい(そして、若干メンドクサイ…)のもあるので、超端的に言うと、「1冊の本を巡る物語。」とでも言いますか。
私が一番好きな設定(?)は、物語に登場する「忘れられた本の墓場」。こんな場所が本当にありそうな雰囲気がバルセロナの路地裏にはあったんです。本屋や図書館など、本がズラーっとたくさんあるところって、私的にはかなりワクワクする場所。マイ・ホームを持つことがあれば、書庫もしくは図書室を絶対に作ります!

そして、検索してたら↓のような紹介サイトが存在していました! 意外と凝ってる!!
集英社文庫『風の影』特設サイト

バルセロナに行く際には、このサイトの地図にある場所を巡って『風の影』ツアーをしてみるのも一興かもしれません。

ランキングに参加中です!ぜひクリックをお願いします!!


 
スポンサーサイト

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

2008-06-19

講演会に行ってきました。

6月9日の記事でも紹介した「生きるコント」の著者・大宮エリーさんの講演会に行ってきました! 来場者は、老若男女問わずって感じです。開演ギリギリの滑り込みだったので、後方に着席。ちょっと開演が押していたようなので一息ついて、入り口で渡された紙を見たら、エリーさんに質問したいことを書く紙が!! 余裕をもって早めに行っていれば良かった…。(といっても、何か具体的に質問したいことがあったというわけでもないですが。何となく損した気分)

講演会の前半はエリーさんの一人トーク。講演会をやることになった経緯や、「生きるコント」の内容(本を買ってもらうための講演会ですから!)、来場者からの質問コーナー、そして講演会っぽく「どうしたら生きやすくなるか」まで語ってくれました。キーワードは、「面白力」「冒険力」とのこと。要は、何でも面白がって、険しい道を選択していくのがエリー流なんですね。言葉にすると簡潔でやれそうな気もしますが、これってかなり難しい…。まず、何でも面白がるって心に余裕がないと出来ないです。とりあえず、リアルタイムじゃなく、後から面白がるのも可としよう。でも一番困難なのは、自らハードルを上げるとはストイック過ぎる!! 楽な方へばかり流れ着いてきた私には、ちょっと荷が重過ぎるけど、「面白力」と「冒険力」のアップに努めていきたい所存です。

そして、後半はアンガールズの田中さんとドランクドラゴンの鈴木さんを迎えての「お友だちトーク」。かなりリラックスした雰囲気で素に近い自然なエリーさんでした。やっぱり、友近だわ~。(というか、大阪のおばちゃん的キャラなのかな!?)
面白かったのは、田中さんが携帯ストラップにしている宇宙人探知機の話。案の定、エリーさんで試したら警告音が鳴り響き、宇宙人判定が! さすがです!!(尊敬) でもって後日、その現場であったカフェにエリーさんが一人で行ったら、店員さんに「二人のやりとりに和みました~」と言われたらしい。(でも、タダにはしてくれなかったとのこと・笑)

きっとこれのことかな?>宇宙人探知機ストラップ

あと、過去にエリーさんが携わったものの映像を見ることができたのも面白かった! 特にのMALCOの「男はバカなのか俺がバカなのか」のPVはツボでした。
これが本格的に映像を撮った&板尾さんとの初仕事だったみたいです。

↓ここでちょっと視聴できます↓
MALCO 「男はバカなのか俺がバカなのか」ビデオクリップ

さらに、YOSHIMOTO DIRECTOR'S 100の『桜と印籠』の予告編も見たら、ますます観に行けなかったことが悔しくなってきました。いつかどこかで見られるといいなぁ。

『桜と印籠』 予告編@YouTube

ランキングに参加中です!ぽちっとお願いします!!
 

theme : 本とつれづれ
genre : 本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。